ウォールマートでなまず釣り

 球場跡地に商業施設ができた。今月末のオープンに先駆けて、併設の電気屋とスーパーが営業を始めた。

 スーパーマーケットチェーンの好き嫌いって、きっとあると思う。例えば、セブン&アイグループが好きだ。プライベートブランド商品に対する信頼があるのと、思い出補正だ。実家の近所にあったのがイトーヨーカ堂。もう閉店してしまったが、跡地にはやはりセブン系列の商業施設ができた。嫌いなのはイオン系列。。特にセールスポイントのない、普段と同じ価格の商品にあたかも安売りのようなポップをつけてくるから。ポップがついていたら安売り、っていう短絡的な思考をするほうが悪いのはわかっている。これは八つ当たりだ。

 もうひとつ嫌いなスーパーがある。「ライフ」というスーパーだ。大阪の商店がルーツで、近畿圏と首都圏にしか店舗はないらしい。あまり馴染みがなかったが、大学の近くへ住んでいた頃、夜遅くまでやっているそのスーパーまで行くことがたまにあった。そこは線路を越えた、入り組んだ道の向こう側にあった。引っ越してすぐの土地勘がない頃はもちろん、いくらか経ってからも行き帰りに道を間違えることがままあった。それで嫌いになってしまったのだ。これも八つ当たりである。そういうものだろう。

 最近ライフが立て続けにオープンしていた。それを見た時も、うわライフだよといらねえと思った。こういうのをドミナント戦略とか言うらしい。狭い範囲にバカスカライフができた。

 球場跡地の工事が進み、商業施設ができると聞いた時、きっとスーパーはヨーカ堂が入るんだろうなと思っていた。なぜなら他所にある同系列の商業施設はヨーカ堂が入っているから、なんとなくそうなると思っていた。ライフだとわかったときはガッカリした。ライフかよいらねえいくもんかと思った。工事でいつもの道が通れない時はライフを憎んだ。

 そうしていつしか工事は終わり、いつの間にかオープンしていた。人通りが少なく、放置されたバイクが爆発していたこともあった道路には人通りが増え、ただの空き地だったそこへたくさんの人間が吸い込まれていく。そうすると少し気になり始めた。ちょっと視察に行ってやろうと、どんなもんか見てこようという気持ちが起きた。

 すごかった。

 すっごーい。

 坂の上にあるため、正面玄関から入った階が2階。エスカレーターを降りるとそこは…クソデカくてきれいな資本主義テーマパーク。

 木目調の内装に、山ほどのお惣菜、スープの量り売り、焼きたてピザ…山盛りの野菜、スパイスは網羅され、ワインは産地ごとに分類され高い棚に鎮座している。どうやらライフでも「セントラルスクエア」というブランド展開をしているらしい。

 この土地は古い町で、良い所ではあるけれど、おしゃれスーパーとの親和性がかなり低い。小さい会社や工場があちこちにあって、筋を下れば大きな商店街が今でも元気なのだ。変なところへ迷いこんできてしまったのかと思った。

 おしゃれスーパーで、価格もふつうに安く、品揃えが充実していて、夜中までやっていて、そしてなによりそこへ歩いていつでも行けるというのでもう心踊り狂ってしまった。おしゃれスーパーで品選びをするのに、帰りの電車でじゃまにならないかななんて気をもまなくていい。こんなことに狂喜乱舞してるのってだいぶ気持ち悪いのかなと思うが、おしゃれ云々置いておいて、あれほどの規模のスーパーというのはなかなか利用したことがなく、新鮮なきもちである。かつそれが生活圏にあるというのは自分史上前代未聞、前人未踏。

 さっそく冷蔵庫をパンパンにしてしまった。明日は何を買いに行こうかな。

広告を非表示にする