雑記、いろいろと

1.夏休みをフル活用していますな話

 大学生として最後の夏休みを迎えた今年、過去最高とも言える有効な過ごし方をしていると思う。

 すでに福岡と香港へ行った。福岡については前記事に詳細があるので時間があるときにでもお目通しいただけると幸いである。香港旅行記は写真も交えた記事を書きたいと考えており、時間がかかりそうなのでまた後日アップする予定だ。

 香港から帰国後は山梨に行く予定だったが諸般の事情により行けなくなってしまい、地元のイオンで寿司を食べるに変更された。おいしかった。

 夏休みの父が日本に帰国してきたため叔父を交えてゴルフの打ちっぱなしへも行った。

 友人とも会った。地元の友人と半日かけてポケモンGOをしたり、高校の同級生と飲みに行って夜行バスに乗り損ねかけたりした。

 また、自動車教習所に入校した。来年度からの社会人生活において車が必要になる可能性が非常に高いため、最後のチャンスとばかりに短期講習を申し込んだ。免許が取れたら褒めていただきたい。

 来月は免許本試験受験のため再びの帰省、そして姉がこちらへ遊びにくるため近畿圏の観光が予定されている。楽しみである。

 

2.おいしいものの話

 長い帰省と旅行から帰ってきて、大阪のおいしいお店で食事をしたので紹介させていただく。

 まず、大阪・中津にあるラーメン屋「弥七」である。平日昼間しか営業していないが、超人気店だ。今まで行列必須だったのが整理券制に変わり、ハードルが下がったと思われる。

 その弥七で、今しか食べられない夏の限定メニューが提供されている。毎週月曜日限定の「辛味噌ラーメン」、火~金限定の「鶏おろしそば」である。

f:id:mi_ni_mi:20160820185727j:plain

 大阪へ帰ってきたその日、10時頃だったか、まず店で整理券をもらう。12:40頃に来店するよう指示があったためそれまで待機した。

 時間になったら入店し、まず食券を購入する。金曜だったため、「鶏おろしそば」を注文した。一緒に行った友人は名物の「ヘタめし」も頼んだ。ヘタめしはチャーシューのヘタ部分を使ったミニどんぶりで、たれとほろほろのチャーシューが絶品である。

 鶏おろしそばは、定番の「醤油ラーメン」のつゆを使った冷たい麺だ。お酢と思われる酸っぱさ、大根おろしの爽やかさ、そして香ばしい鶏がおいしい、完成度の高い一品であった。きゅうりもなんという切り方かわからないがズタズタになってつゆがよく沁みている。

f:id:mi_ni_mi:20160820185723j:plain

 弥七はおいしい。乳白色の鶏だし醤油スープ、そしてもちもちの自家製麺。つけ麺や冷たい麺がおいしく頂けるのも、麺がおいしいからこそである。一度行ったらやみつきになるので絶対に行ってほしい。

 

 そして次に京橋のワインバー、「base」である。京橋というのは小汚い飲み屋街ながら、おいしい店がところどころにある。

 夜18時から翌2時までの営業で、0時からはバータイムとなりメニューが少なくなる。

 baseのまず素晴らしいところはワインの美味しさである。マスターが希望を聞き、料理との組み合わせも考慮し、グラスまでこだわって注いでくれる。あまり詳しくなくても問題ない。酸味が弱いのを、とか、渋みが強いの、とか、ざっくばらんにお願いするだけで美味しいワインが出てきてしまう。

 そしてチーズにもこだわっている。チーズの盛り合わせを注文すると、大きな板にチーズがごろごろ乗っているものが出てくる。そして一つ一つの詳細やどれが食べごろかなどのおすすめも教えてくださるので、好みのものを選べる。なにしろワインと言えばチーズである。おいしいチーズで飲みたいならbaseへ行こう。

 さらには料理までおいしいときている。前菜からパスタからメインディッシュ、はてにはデザートまで豊富なメニューが充実しており、悩んでしまう。前述の通り、料理に合わせたワインの提案もしてもらえるので、美味しい料理を食べながらワインとのマリアージュを頼みたいなら、baseへ行こう。

 味の美味しさもさることながら、マスターのお人柄と手腕が人気店である何よりの根拠であろう。このマスター、有名高級フレンチ店「point」とのコラボイベントをするなど、かなりすごいお方なのである。それなのにそんなことを鼻にかけず、温かい接客でもてなしてくださる。ちなみに私はお嬢様と呼ばれている。

 値段は別段安くはないが、費用対効果を考えたら全然高くない。予約をして行こう。とこう、宣伝したくなるような、良いお店なのである。

 

3.趣味の話

 文房具が好きだけどきりがないから買えないなーと思い、ずっとボールペンのジェットストリームばかり使い続けている。

 先日高校の同級生の友人と会った際に、「最近文房具にはまっている」という話をしてもらった。手帳に万年筆を刺して写真を貼り日記のようなものを書いていた。

 万年筆、私も持っているのだ。LAMYの黄色のやつだ。青いインクも持っている。でも、あまり使わないのでいつもカラカラにしてしまう。

 パイロットの「色彩雫」がほしくてしかたがなかった時期もあった。色とりどりの万年筆用インクがあり、3色セットなどで購入できるのである。どうしてもほしかったが、やはりカラカラにしてしまうだろうと思いあきらめた。

 しかしその友人と文通をしようということになった。お互い年に一度くらいしか会えないが、せっかくの万年筆を有効活用したいということで、文通になった。とても楽しみだ。最初はLAMYだけで我慢しよう。追々色彩雫と透明の万年筆も買いたい。

 

 ゴルフを本格的にやりたい。運動がへたくそで、体育が大嫌いだった。いつからかわからないが、社会人になったらゴルフができるようになりたいと考えるようになった。ビールが飲めるようになりたいと思ったときと同じ動機だと思う。かっこうつけたいのだ。

 以前友人と打ちっぱなしへ行ったとき、あまり飛ばなかったが案外当たって楽しかった。そして先日再び打ちっぱなしへ行き、改めて上達したいと思った。いつかコースも回りたい。まず中古のクラブでも一本買い、練習したいと思う。

 

 教習所へ行くことが決まり、また将来地方勤務になることも見据えて車がほしいという気持ちが先行している。車はあまり詳しくないものの、小さいころからminiやワーゲンのビートルがかわいいと思っていた。

 でも今はマツダデミオがほしい。コンパクトカーがほしい。でも、よく考えたら、もし田舎に住むことになったらロードバイクも乗りたい。だから自転車が乗せられるような車がいいな。

 と、こう、夢が広がっている。夢があるのはいいことだ。

 

4.労働の話

 就活が忙しくアルバイトが続けられなくなりしばらく無職でいたが、帰省を終えて空白期間ができたため新しいアルバイトをすることになった。ただあと半年しか働けないし、働きたくないなあと思っていたところに、かねてより人手不足で悲鳴を上げていた友人の喫茶店で働けることになった。

 とんとん拍子で話が進み、本日電話をしたところ、明日の夕方から面接後働くということになった。急すぎて気持ちが追い付かない。

 接客業はとことん向いていないと思う。でもがんばる。

 

 以上。

広告を非表示にする