読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

香港旅行記―3日目&最終日

 

参照記事:

香港旅行記―前夜祭

香港旅行記―1日目

香港旅行記―2日目

 

あらすじ…香港旅行を楽しむのであった。

 

 とうとう旅行も3日目。最終日はほぼ移動と空港で終わってしまうので、観光ができる日はもう今日でおしまい。

 本来の予定では、空港のあるランタオ島にある大仏を見に行こうと考えていたが、どうもまだ香港島内でも行き足りないところがたくさんある。急遽プランを変更し、中環(セントラル)あたりを周り、そのあとヴィクトリア・ピークから夜景を見ようということになった。

 

 朝ごはんは、香港式カフェテリア“茶餐廳(チャーチャンテン)”でしよう、ということになった。お店は銅鑼灣の「喜喜冰室 The Match Box」。

f:id:mi_ni_mi:20160906200642j:plain

レトロ風味な趣のあるお店。「ヘイヘイピンサッ」という語感もすごくいい。

 モーニングというか朝食用メニューはサンドイッチや…なんだったっけ?もう先月のことなのであまり詳しくは思い出せない。私が頼んだのは、サンドイッチとオートミールのセット。

f:id:mi_ni_mi:20160906200637j:plain

サンドイッチはふつうのハムサンド。オートミールは、無味。麦の味が感じられる一品。

f:id:mi_ni_mi:20160906200700j:plain

「痰を吐いてはいけませんよ」という標示だろう。実際街中で何度か見かけることがあった。

 

 さてMTRに乗って中環へ向かう。中環には「ミッドレベルズエスカレーター」という、世界最長のエスカレーターがある。一本でつながっているわけではなくて何度か乗り換えるのだけれど、なんと全長800mもあるそうだ。中環の観光地帯を上り下りするエスカレーターだ。

f:id:mi_ni_mi:20160906200728j:plain

GOGOGOGO!!!!!

f:id:mi_ni_mi:20160906200909j:plain

エスカレーター沿いには、多国籍な料理屋、おしゃれカフェなども目立つ。

 

 付近の「ハリウッド・ロード」には骨董屋が多いということで足を運んでみた。英国時代の骨董品らしきものもあれば、旧日本軍の短刀?やら、なんだかいろんな店がある。

f:id:mi_ni_mi:20160906200950j:plain

ま…毛

 毛主席グッズがたくさんあった。記念切手や抗日記念ポスターなどもあり欲しかった(我慢した)。眺めているだけでも楽しい。

 

 文武廟も拝観した。中国、道教のお寺だ。干支モチーフのお守りが多い。写真はキレイに撮れなかったので、ない…

 

 このあたりは小さいお店をちょこちょこ回って楽しいねな感じで、そんなに書くことはない。忘れてしまったんだろって?そんなこと、、

 

f:id:mi_ni_mi:20160906200951j:plain

街中で見つけた日本料理屋「浦和」。なぜ埼玉の県庁所在地を店名にチョイスしたのだろうか

 

 さてこもごもがあり日は暮れ、お腹が空かないので昼ごはんも食べず、あっ父はUCCの経営するレストランでスパゲッティを食べておいしいと喜んでいました。父は仕事で香港に滞在してはや1年が過ぎましたが常に日本の味を恋しがっている。

 

 ヴィクトリア・ピーク(太平山)へはバスで向かった。同じ島内にも関わらず結構な距離があった。香港というのは意外と大きい。席に座れなかったので立ったまま寝ていた。

f:id:mi_ni_mi:20160906201046j:plain

屋上が展望台になっている。そこへは上らず、少し手前で日が暮れるのを待つことにした。

 日が落ちるにつれてビルのライトが輝き出して綺麗だった。

f:id:mi_ni_mi:20160906201140j:plain

海に映りこむ明かりが綺麗でしょ。

 

 とっぷり更けるまでは見なかったものの、十分夜景を楽しむことができた。それより腹が減った!ということで再び糖朝へ行った。

f:id:mi_ni_mi:20160906201153j:plain

f:id:mi_ni_mi:20160906201148j:plain

マンゴーかき氷と豆腐花。豆腐花は演出が過剰だ。あと腸粉も食べた。

 

 途中で両親とはぐれ、パケットが使えない私と姉は無料Wi-Fiを求めてさまようこととなった。結構ドキドキした。

 

 帰りのバスは大変に混み合っている様子だったのでタクシーに乗ることにした。途中白タクに声をかけられ、母は疲れていたのかついていきそうな様子だったので、必死で止めた。白タクっていうのは営業認可を受けていないタクシーで、まあ知らん人の車にほいほい乗るようなものなので、危ないです。

 ただタクシーって全体的に運転が荒いじゃないですか。大阪だけか?それでもちろん、香港のタクシーも運転が荒いわけ。シートベルトはしないし、平気で通話するし…山道をそれでぶんぶん走行するので、とても、つらかったです。もともと車酔いしやすい姉はぐったりしていた。あと行き先を告げるときに父の滑舌が悪すぎて全然通じてなかったので笑った。普段どうやって生活しているんだろうか

 

4日目朝、姉たっての希望で2日目朝に行ったEXpressoへ行きエッグタルトを再び食べた。この日、父はいない。先に日本へ帰った。

f:id:mi_ni_mi:20160906203910j:plain

わたしはエッグタルトとフルーツ。右上に写っているのが、姉の注文した「テリヤキサンド」的な物体だ。魚の照り焼きとたくあんが挟まっていた。姉は変な顔をしていた。

 そしてタイムズスクエアにある新星茶荘で中国茶と、姉は茶器を購入していた。中国茶の試飲をさせてもらった。白茶という花ベースのお茶がとてもおいしい。

 

 そうこうしているうちにフライト時間は迫り、土産屋で別行動をした姉が搭乗口に来ず、航空会社のお姉さんに早口で怒られた。なんて言っているのかわからなかったが、私はずっとうろうろしていた。なんとか飛行機に乗り込んだが、荷物は降ろされてしまったままで、翌朝の便で届くこととなった。翌日姉の家へ行く予定だったができなくなってしまい、成田空港に車を置いていた姉が空港に泊まり荷物を回収することとなった。すごくひやひやした。

 でも次の日は家族でイオン行って買い物したりおすし食べたりしておいしかったしたのしかったからよかった。

 

 最後駆け足になってしまったが、香港旅行は楽しい4日間となった。他にもお見せしたい写真があるので、後日また後夜祭ということで掲載させていただこうと思う。

 香港は日本からのアクセスが良く、交通機関が発達しており、独自の文化のある素敵な国…いや、地区?だった。中華な雰囲気とイギリスの文化が融合して、いろんな楽しみ方ができると思う。ぜひ一度遊びに行ってもらいたいし、ハマれば何度でも行ってみたいと思えるようなところだった。

 また、英語はもっと話せるようになりたい。以上レポっす

広告を非表示にする